固ゆで日記

とある過疎県に住まう笑う女が 徒然なるまま 日暮し 萬のことを書きにける。

モヤモヤするわいやい


f:id:tama5noshiro3:20180129231153j:image

はて…そんな発想力は持ち合わせられないです。

攻めてる!生協さん✨

 

さて、前々回ちらっと書いたスピードな違反の話なのですが

えぇ、お金を納めたのですがね

えぇ、金融機関で納めさせていただいたのですがね

甘かった私の考えが

私自身を血祭りにあげてしまうということになるのであった…

 

第1話

『空腹と青キップとそれからわたし』

 

ときは平成最後の年の睦月某日大安吉日←嘘

昼御飯を食べそびれ、某市内を運転していたわたし。

じつに腹へりんこでぼわーっとアクセル踏んでいたら…

ルームミラーになーんか

チラチラーチラチラーと赤いものが定期的に写るなーって思ってきちんと見たら

あ、赤色灯…

へークラウンの屋根に赤色灯が…

あ…

覆面パトカー…

 

みごとに12キロの速度オーバーで捕まった。

交通機動隊の人に笑顔で『急いでおられましたか?』と聞かれたので

「お腹がすいていて…」

とばか正直に答えましたところ

少し間が空いて

『…お急ぎだったんですね』

と笑顔で言われる情けない39歳。

そんなこんなで青い紙とお金を納めなさい用紙を渡され

再三再四「気をつけて運転してください」と言われて

国産高級車クラウンから解放されたわたし。

座り心地は良かったけど

運転手と助手席の人がヘルメット被ったクラウンの後部座席には座りたいとは思わんのでありました。

 

 

第二話

『おばはん無双』

ほどなくして、さらに某日金曜日

意をけっしてなけなしの12000円を上納すべく、指定の金融機関に足を運ぶわけですが

そこはわてくし、頭をはたらかせたところによると

金曜日=銀行は忙しい

というなんとなく、な発想で

近所の郵便局なら誰もおるまい、という結論に至ったわけで

呑気に行ってきたのでありますが

 

ほんとにタイムスリップできるなら

あの頃のわたしに、もう一度考え直してまったく縁もゆかりもない金融機関へ行け、と伝えたい…

行ったらたしかに、お客様はいらっしゃいませず

局員だけだったのですが

 

とあるおばはん局員がわたしを見つけて

『うわぁーお久しぶりですねぇー🎵お元気でしたかぁー❤』

とお出迎えしてくださる。

 

あ!あかんやつやん!!!

うっるさいおばはんやん!!!!

保険を扱う所ちゃうんか、おまえのテリトリー!!!!!

 

という心の叫びをぐっと飲み込んで作り笑顔でいる私に

『こちらどうぞー』

と手招き。

 

おずおずと支払い用紙を出すわたしに

『わー、こんなお金振り込むのなんてバカらしいですよねぇ!!!ほんと腹が立ちますよね!!!』

声がでかいんじゃ、ばばぁ

 

『ほんと、あこぎな商売だと思いますよー警察って!』

おいぃ、マジで声がでかいんじゃ、ばばぁ

 

ふと周りを見ると

うつむき加減の女子局員たち。

ん?デスクに座っている男共も下を向いたり聞こえない風で仕事している風。

 

 

お客様のプライベートを大声でゆーてますやん、このばばぁ。

てか注意せーよ、局長よ。

ばばぁより年下で意見ができんのか?

のさばらさせるなよ、由紀さおりをぱっつんぱっつんにさせたようなばばぁをよー。

 

と、心の中で叫んでいたら入金完了。

支払い証明書兼領収書を

おばはんから手渡された直後の一言

『いいこともありますから、気をつけてがんばってくださいね』

わかっとるわい、と。

うるさいわい、と。

 

苦笑いしながら足早に、いや小走りで

いや、魂は全力疾走で郵便局をあとにしました。涙は後ろ体は前へ、みたいな。←どんなんなん!?

 

自分が応援してますから!ファイト☺みたいな…

なんだろう、勝手に親近感持たれている気がしてなりませぬ。

 

もうそこの郵便局にはポストとATMにしか用事はありません。

誰が窓口になんか行くもんですか。

お客のプライバシーをぽいぽいぽいぽぴーするような局員がおるとこなんか

潰れてしまえと思う反面

潰れたらATMがなくなっちゃうからそれはそれで痛いなという思いとで

揺れる思いを体で感じておるわけです。

くそう…血の気震わしたろか。

老人形にしてやろうか。

 

その一件から今日までに

 

二本のしっぽのある人魚がついているコーヒーチェーン店で

持ち帰り用のワッフルを一つ入れ忘れられたり(がっつり2つ分のお金は払わせていただいておる)

 

スーパーで《ささみの梅肉はさみフライ》

って書いてある容器に入った惣菜を買って帰り

食べたら《チーズはさみフライ》だった。

 

というモヤモヤ案件にひっかかったのであつた。

おわり

 

なんだかなぁー!!!

 

 

 

ということで、今月3回も更新しております。

こんなも感じで

今年もガルバンゾー!

あ、がんばるぞー!

ガルバンゾー(ひよこ豆)美味しいすなぁ。


f:id:tama5noshiro3:20180130002355j:image

しかし、黒柳某の塗り絵の本ってあるのかなぁ???

むむむむむ。


f:id:tama5noshiro3:20180116220543j:image

おぉー✨オイル交換時期とっくに逃しておるけれど

なんだかゾロ目ってラッキーな気分。

ふだん見慣れないから特別感、なのかもしれない。

 

そして

 

今月も半分すんでまった。

今年の目標を聞かれて、はたと考える…

今年の目標…嫌なことはスムーズに断るようにする

かな。

ひいては、自分を優先させる、という風に持っていきたい。

ふわふわしないで、自分の気持ちに正直に生きる。

といふか

生きたい。

あ、あと体幹トレーニングを常態化する。

一年で何キロ痩せられるかやってみ中。

やっing。

now.

vow.

これ入ってるよね? byみうらじゅん

 

f:id:tama5noshiro3:20180116221815j:image

 

さぁ、ワークショップのずんびするかね。

 

あけた。あけたとき。あければ。

あけまひておめでたうございます。

 

おっと2018年の1並びですよ、トゥデイ。

とうとう私も一つ年を取り

またおばさんレベルがあがるのです。


f:id:tama5noshiro3:20180111194853j:image

ローソン限定かな?芋焼酎ハイボールが美味しいわけです。
 

というわけで

なんかまた文章書きたくて復活してみたはてなblog。

とくに何をするでもないのですが

じんわり書き置いていこうと思います

 

とりあえず明日は先日スピード違反で

捕まったので

罰金を払いに行かねば…。

あぁ、なんで捕まったときってヘラヘラしながらすいませんって連呼するんだろう、わたし。

さよなら、12000円

さよなら、ゴールドカード

さよなら、さよなら、さよなら。

 


f:id:tama5noshiro3:20180111195655j:image

 

 

よもやこんなことになるとは…

さてさて、もう初夏の様相を呈してきておりますよ。

あちぃぞ、なう。

 

ということで

絶賛

気分が

あがったりさがったりを繰り返しておりますが、なんとかジグジグ生きていこうと生命活動に躍起になっております。

 

4日前、すごい恥ずかしいことに

道の真ん中でずべーっっとこけて

膝をずる剥けさせるというまさか!な災難にみまわれまひて

ほんとうに痛ing←現在進行形

膝にかさぶたが張らないで

体液(いかがわしい液体ではないわよ)が

あふるる泉のごとく私の傷口から湧いて

でていらっしゃいます。

血小板の大盤振る舞い

わっしょいわっしょい 固まれわっしょい

某傷口を覆ったらかさぶたできるまではがすなよ 的なネオ絆創膏の

一番大きいサイズを購入し、貼ったのですが

どうも、サイズが少し足りなかったのか

数分後傷口からつーっと何かが流れ出る感覚を覚え、見ると…あ、液漏れや。

私のアムリタが出とるやないかい。

よく見ると半分位剥がれておる某キズゴニョゴニョパット。

再度張り替えるも、すぐアムリタ。

なんならビブーティも出せるんじゃないか?とさえ思う。サイババになれるのでは??

 

3度目はないな、と思い

やけくそでキズパワー某の上からラップで保護。

そのまま就寝しましたが、翌朝…シーツに

昨日の夜の余韻的なカピカピの汁跡…

あぁ、お粗相。ラップを止めたテープから漏れてる…

朝までぐっすり but この様である。

 

とりあえず、吸収するパット付の絆創膏にシフトチェンジしたのだが

3回交換/1dayである。

一袋3枚入りで780円位の絆創膏。

私はお高い女にレベルアップした。

 

…病院行けばよかったなぁ、とすこーし思うけども

えぇい、乗り掛かった船だ。このまま半自然治癒力にかけてみる!じっちゃんの名に懸けて!!

えぇ、ただ単に病院嫌いで

消毒されて痛い+ガーゼがさがさ貼られて痛い

をされるなら、うちでもできる

という思考回路のあたくし。

 

 

とりあえず今日は粗相なしに、絆創膏には

私のアムリタが傷口の形に染み出しているだけになりました。

さて…かさぶたはいつできるのか…

そしてヨガができるようになるのは何時なのだろうか…

 

 

 

 

 

 

ともだちの定義

眠いよ眠いのよ。

おはようございます。

昨日は仕事で

『新妻が地区の婦人部活動にデビューするときの気をものすごく使ってすり減りすぎてメンタルがミシン糸になる』

という地獄感覚を味わってきました。

…これだから俺、嫁にはむいてねぇんだよ。

いやはや、どの世界においても

いちいち年長者のお伺いをたてて

笑顔を絶やさず

すぐに謝り

すぐに動けば

周りは、ある程度優しくしてくれるんだな、と学習しました。合掌。

 

さてさて。

 

SNS上でのみ繋がっている人を

友達

とは思えないので、それなりに

適当に対応している今日この頃であるが

先日

私の友達Aの友達B(会ったことも話したこともない人)が私に興味を持ってたらしく

『どうせあの子(私のこと)誰とでも友達になっとるからともだち申請だしたらいいよ』

とAがBにアドバイス

Bから申請をいただき、よくわからん(←ここがいけんのな、一時のノリが身の破滅)まんま申請許可して

でもSNS上でなんのやりとりもなく、何事もなくいたのであるが

ふと、いきなりAから

『Bちゃんが遊びに来てたのよ!』

と言われた。

そらよかったがな、友達きとったんやろ?

『私ちゃんに連絡しなくてごめんねー!!』

…へ?何故??

 

私は知らない人に会うのはめんどくさいのです。

SNSで知っててもリアルで会うことなんて

ほとんどないと思う。(元々の知り合いは除く)

だから、ほんとうに、めんどくさい。

Aは私に会わせてどうしたかったのだろう。

友達の友達は皆友達だにー

これだろうか。 

あ、でも昔…友達をたくさん集めて焼き肉大会したときにそういうシュチエーションになったなぁ…人数多けりゃ楽しいか、のノリだったなぁ…

それか、それなのかしら。

 

…んー、でも人数多くねぇしなぁ。

いや…同じ?悶々とするなぁ。 

 

悶々を溶かしたい。

今日はきっといい日にするべく

さぁ、布団から這い出そう

 

 

ぎじゅつとじっせんのまいにち

おおっと!放置 ほーち

ホーチミン!!

 

花粉症症状にふいにさいなまれた今日。

春がきたー!!!

そして先日、さらりと屈託なく悪意を放出するママ殿に色紙書きを頼まれたのであるが

『あのねー、うちの子供と同級生のお母さんが再婚するのよ。そのお祝いをしたくてぇー』

という上記の動機をさらっと述べられたのだが

うん、べつに再婚とかはええんちゃうんかい、と。

その人のプライベート知らんしやな、そもそも

『結婚祝いの色紙書いてほしい』

これですむ話ちゃうの?と。

どうでもいいと思う反面、言われてる本人の立場にたって考えたら

詳細まで見ず知らずの人に言うなや、となるなぁ、あてくし。

もし、もしもーするのであれば

再婚、再婚言って欲しくないし

言いたくない。

ましてや子供の同級生の母親…

いわゆる

ママ友って呼ばれる部族の方に

そんなん言われたら泣くわ。

 子供と子供は仲いいかしらんが

親同士が仲良くなれるもんなん?と疑ってかかってます。

 

 

とりあえず、なんとか久しぶりに

華やかな色紙書かせてもらったら…

…あら、ええんちゃうかな?

久しぶりにパステルカラーつかって

筆ペンとパステルコラボレーションええ。

そういえば自己愛溢れる先生からパステルアート習ったなぁ…と思うわけでして

一応パステルチョークの(なんとなくな)使い手だったんだ、と。

で、もりもりで楽しくきれいに書けたのです。

たぶん私は出し惜しみしてたのかもしれんなぁ、と。

悪い意味で真面目な私は『いいとこ取り』を許さないのかもしれない。

いろんなものに興味を持ってわーっと学ぶ→飽きるの繰り返しになりつつある今日この頃、今回『いいとこ取り』を経験したおかげでPPAP状態。

なんか、いろいろ楽しいものが生み出せそうです。

 

名前しか知らない、今度結婚する人たち

どうもありがとう!!

 

追伸

色紙渡したら件のママ殿に

『お礼考えとるだけど、前、ノンアルコールのビール好きだっていっとったよな??それでいいかなぁ???』

と言われたら

『あぁ、はい』としか言えず。

否定したらまた悪意発動決定だな、と。

寝ちゃう…寝ちゃう…

えー、聞こえますか?

ただいま布団のなか。

こちら、布団のなかです。

今、瞳を閉じると

満点の星空に包まれてしまう。

100点満点の睡魔に私の操を奪われてしまう…

……

………

んあっ、いかん。

ここで寝たら敗けやー…

 

 

あちらとこちらを逝ったり生たり。

でもこの時期の布団、ほんと出られない。

魔窟だ。まごうかたなき魔窟。

 

さて、でもちょっくら起きるか。

起きなきゃ今日ははじまらん。

さ、起きようと瞳を閉じたら…やっぱり君を想っちゃうわけで…