読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

固ゆで日記

とある過疎県に住まう笑う女が 徒然なるまま 日暮し 萬のことを書きにける。

よもやこんなことになるとは…

さてさて、もう初夏の様相を呈してきておりますよ。

あちぃぞ、なう。

 

ということで

絶賛

気分が

あがったりさがったりを繰り返しておりますが、なんとかジグジグ生きていこうと生命活動に躍起になっております。

 

4日前、すごい恥ずかしいことに

道の真ん中でずべーっっとこけて

膝をずる剥けさせるというまさか!な災難にみまわれまひて

ほんとうに痛ing←現在進行形

膝にかさぶたが張らないで

体液(いかがわしい液体ではないわよ)が

あふるる泉のごとく私の傷口から湧いて

でていらっしゃいます。

血小板の大盤振る舞い

わっしょいわっしょい 固まれわっしょい

某傷口を覆ったらかさぶたできるまではがすなよ 的なネオ絆創膏の

一番大きいサイズを購入し、貼ったのですが

どうも、サイズが少し足りなかったのか

数分後傷口からつーっと何かが流れ出る感覚を覚え、見ると…あ、液漏れや。

私のアムリタが出とるやないかい。

よく見ると半分位剥がれておる某キズゴニョゴニョパット。

再度張り替えるも、すぐアムリタ。

なんならビブーティも出せるんじゃないか?とさえ思う。サイババになれるのでは??

 

3度目はないな、と思い

やけくそでキズパワー某の上からラップで保護。

そのまま就寝しましたが、翌朝…シーツに

昨日の夜の余韻的なカピカピの汁跡…

あぁ、お粗相。ラップを止めたテープから漏れてる…

朝までぐっすり but この様である。

 

とりあえず、吸収するパット付の絆創膏にシフトチェンジしたのだが

3回交換/1dayである。

一袋3枚入りで780円位の絆創膏。

私はお高い女にレベルアップした。

 

…病院行けばよかったなぁ、とすこーし思うけども

えぇい、乗り掛かった船だ。このまま半自然治癒力にかけてみる!じっちゃんの名に懸けて!!

えぇ、ただ単に病院嫌いで

消毒されて痛い+ガーゼがさがさ貼られて痛い

をされるなら、うちでもできる

という思考回路のあたくし。

 

 

とりあえず今日は粗相なしに、絆創膏には

私のアムリタが傷口の形に染み出しているだけになりました。

さて…かさぶたはいつできるのか…

そしてヨガができるようになるのは何時なのだろうか…

 

 

 

 

 

 

ともだちの定義

眠いよ眠いのよ。

おはようございます。

昨日は仕事で

『新妻が地区の婦人部活動にデビューするときの気をものすごく使ってすり減りすぎてメンタルがミシン糸になる』

という地獄感覚を味わってきました。

…これだから俺、嫁にはむいてねぇんだよ。

いやはや、どの世界においても

いちいち年長者のお伺いをたてて

笑顔を絶やさず

すぐに謝り

すぐに動けば

周りは、ある程度優しくしてくれるんだな、と学習しました。合掌。

 

さてさて。

 

SNS上でのみ繋がっている人を

友達

とは思えないので、それなりに

適当に対応している今日この頃であるが

先日

私の友達Aの友達B(会ったことも話したこともない人)が私に興味を持ってたらしく

『どうせあの子(私のこと)誰とでも友達になっとるからともだち申請だしたらいいよ』

とAがBにアドバイス

Bから申請をいただき、よくわからん(←ここがいけんのな、一時のノリが身の破滅)まんま申請許可して

でもSNS上でなんのやりとりもなく、何事もなくいたのであるが

ふと、いきなりAから

『Bちゃんが遊びに来てたのよ!』

と言われた。

そらよかったがな、友達きとったんやろ?

『私ちゃんに連絡しなくてごめんねー!!』

…へ?何故??

 

私は知らない人に会うのはめんどくさいのです。

SNSで知っててもリアルで会うことなんて

ほとんどないと思う。(元々の知り合いは除く)

だから、ほんとうに、めんどくさい。

Aは私に会わせてどうしたかったのだろう。

友達の友達は皆友達だにー

これだろうか。 

あ、でも昔…友達をたくさん集めて焼き肉大会したときにそういうシュチエーションになったなぁ…人数多けりゃ楽しいか、のノリだったなぁ…

それか、それなのかしら。

 

…んー、でも人数多くねぇしなぁ。

いや…同じ?悶々とするなぁ。 

 

悶々を溶かしたい。

今日はきっといい日にするべく

さぁ、布団から這い出そう

 

 

ぎじゅつとじっせんのまいにち

おおっと!放置 ほーち

ホーチミン!!

 

花粉症症状にふいにさいなまれた今日。

春がきたー!!!

そして先日、さらりと屈託なく悪意を放出するママ殿に色紙書きを頼まれたのであるが

『あのねー、うちの子供と同級生のお母さんが再婚するのよ。そのお祝いをしたくてぇー』

という上記の動機をさらっと述べられたのだが

うん、べつに再婚とかはええんちゃうんかい、と。

その人のプライベート知らんしやな、そもそも

『結婚祝いの色紙書いてほしい』

これですむ話ちゃうの?と。

どうでもいいと思う反面、言われてる本人の立場にたって考えたら

詳細まで見ず知らずの人に言うなや、となるなぁ、あてくし。

もし、もしもーするのであれば

再婚、再婚言って欲しくないし

言いたくない。

ましてや子供の同級生の母親…

いわゆる

ママ友って呼ばれる部族の方に

そんなん言われたら泣くわ。

 子供と子供は仲いいかしらんが

親同士が仲良くなれるもんなん?と疑ってかかってます。

 

 

とりあえず、なんとか久しぶりに

華やかな色紙書かせてもらったら…

…あら、ええんちゃうかな?

久しぶりにパステルカラーつかって

筆ペンとパステルコラボレーションええ。

そういえば自己愛溢れる先生からパステルアート習ったなぁ…と思うわけでして

一応パステルチョークの(なんとなくな)使い手だったんだ、と。

で、もりもりで楽しくきれいに書けたのです。

たぶん私は出し惜しみしてたのかもしれんなぁ、と。

悪い意味で真面目な私は『いいとこ取り』を許さないのかもしれない。

いろんなものに興味を持ってわーっと学ぶ→飽きるの繰り返しになりつつある今日この頃、今回『いいとこ取り』を経験したおかげでPPAP状態。

なんか、いろいろ楽しいものが生み出せそうです。

 

名前しか知らない、今度結婚する人たち

どうもありがとう!!

 

追伸

色紙渡したら件のママ殿に

『お礼考えとるだけど、前、ノンアルコールのビール好きだっていっとったよな??それでいいかなぁ???』

と言われたら

『あぁ、はい』としか言えず。

否定したらまた悪意発動決定だな、と。

寝ちゃう…寝ちゃう…

えー、聞こえますか?

ただいま布団のなか。

こちら、布団のなかです。

今、瞳を閉じると

満点の星空に包まれてしまう。

100点満点の睡魔に私の操を奪われてしまう…

……

………

んあっ、いかん。

ここで寝たら敗けやー…

 

 

あちらとこちらを逝ったり生たり。

でもこの時期の布団、ほんと出られない。

魔窟だ。まごうかたなき魔窟。

 

さて、でもちょっくら起きるか。

起きなきゃ今日ははじまらん。

さ、起きようと瞳を閉じたら…やっぱり君を想っちゃうわけで…

 

花粉狂想曲

…目が、目が痒い。

ほんとうにめがかゆい。

 

いよいよ、きた。

とうとう、きた。

ひっそり、きた。

 

そう、杉花粉が

さらさらとやってきたのである。

季節を届けに来てくれるのは

桜の開花くらいで充分なのよ。

美しい花を見せてくれるだけでいいのよ。

目にも鼻にも春を届けてくれなくてもいい。

そんなサービスは所望しとらん。

 

 

私が花粉症の症状を発症したのは

離婚成立の年…13年位前(…って、おい

もうそんなになんの?)

ある春の朝、窒息して、かつ顔の回りが鼻水でべっとべとになって目覚めたのを今でも思い出す。

前夫の生き霊が鼻と口押さえにかかっとるのかと思ってたけど、花粉なんだな。

 

前日、引っ越せおばちゃんばりに布団をベランダに引っ掻けて日干しした結果

花粉がすみずみにひっついたんやろな。

夜中ずーずー寝ている私の両の鼻腔から

杉の花粉がトルコ行進曲よろしく

ティアララルンしたんやろな。

そしたら私の花粉瓶からアレルゲンがごんぬずばーっとあふれたんやろな。

 

よって、鼻水が枯れることのない水源地のように…

あなたの出した鼻水は

透明ですか?やや黄色いですか??

みたいな、女神もビックリなくらいの泉のごとくの大盤振る舞い。←やけくそ

絶え間ない水の排出ゆえの

喉の渇き、めまい、倦怠感…脱水やないかい。

顔面春雪崩的な感じで朝を迎えたんだった。

 

あれから13年!!

とりあえず症状は自力でっていうか気力で治まってきてはいるものの

目の痒さとくしゃみはどうにもとめられないのでありんす。

 

あーそろそろ目薬買いにいこっと。

 

 

 

 

ちくちくのてわやく

久しぶりに針を持った。

ここ数ヶ月、あたしゃ何かにとりつかれたかのように

目に負担をかける細々したものを

産み出している。


f:id:tama5noshiro3:20170308205642j:image

こんなんしたり


f:id:tama5noshiro3:20170308205709j:image

こんなんしたり

 

そんでもって、昨日ブティック☆しまむら

購入したカバンの中袋を作ったのだす。


f:id:tama5noshiro3:20170308210117j:image

これが

 
f:id:tama5noshiro3:20170308210306j:image

いきなり横やないかい。

 

まぁこんな形であんなものやこんなものを

抱え込んで暖めてくれるわけなんですが

まぁ100均の手拭いなわけです。

原材料が。

失敗しても痛くないな、という

安全パイでいきました。

ま、伊勢海老とか大仏のらほつとかわりと好きなものは、刺繍もいたしました。
f:id:tama5noshiro3:20170308210757j:image
f:id:tama5noshiro3:20170308210807j:image

 

はてさて、明日は

初めて殿方と映画を見に行ってきます。

どうなることやら…胃が痛い。

告ってきた日。

告るって…ほんとにいいものですね。

 

 

えぇ、告ってきたんですよ

年も年ですし

親も歳ですし

あなたしかいないですし

らーらー

りりりー

るるるー

れーれれー

 

なんて言ってたら

我が過疎県で大黒摩季のコンサート開催!!の一報を聞く、という。

 

16日までに告っとかないと

還ってこないの…還付金!

あなたしかいないの!還付金!!!

 

というわけで、確定申告にいってきた。

ここ数年前から確定申告をしているのだけれど

ほんっと締切日ギリッギリに行ってるわけです。

なんだったら放課後電磁波クラブ並みにギリギリ。

ポロリあるんちゃうん?とお茶の間をハラハラドキドキさせる位にギリギリで

タイトなジーンズにねじ込む勢いで

ねじり込んでた、税務署に。

なだれ込むっつっても過言ではないよね。

 

でも、今年の私は一味…いちみじゃないわよ

ひとあじよ、

ひと味ちがった女になったの。

申告、してきちゃった☆ミャハ

期限の一週間前!すごい!!

おとなーおとなー音無響子ー。

そらめぞんも一刻するわい、と。

 

我が過疎市じゅうの

確定申告者たちが続々とやってきて

源泉徴収票や生命保険の明細や相続の書類が雨あられと飛び交う戦場…税務署に

単身乗り込む私。

…こんなに申告者多いの?って位に人がいる。

順番表もらって待つけど40分待ちの札が出ており

『ま、ゆっくりするかな』

なんて思ってたけども、あれ?そういえば私

e-Tax打ち込んだよな、去年と思い出す。 

 →受付に行って「ひとりでできるもん!」っていう意味の事を伝える(セルフ申告は待ち時間0分だった)

→セルフ申告の札もらう

→それと同時にセルフ申告の待ち時間の表示が20分となる

…ま、あることあること。

 

しょうみ5分位で呼ばれて、いざパソコンの前に…

久しぶりにパソコンと対峙。

おぉ、なんとなくだけど、スムーズに打ち込めたぜ!

 

てかなんで、保険に新とか旧とかあるんだろう。

 

とりあえずなんとか、さらりと打ち込んでデータ印刷してもらって証明書とかホッチキスでまとめてもらって

提出完了なわだが、ほんと税務署の人ら、大変だなぁって思います。

年に一度の申告祭りなんだろうなぁって。

わけわかってそうでみんなわかってないから

税務署にきて申告するんだろうから

もうてんやわんやなんだろうな、と勝手に想像してしまう。

おつかれさまです。

 

 

最後に今日の締めの言葉です…

ギリギリあかん

(放課後電磁波クラブ談)