読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

固ゆで日記

とある過疎県に住まう笑う女が 徒然なるまま 日暮し 萬のことを書きにける。

告ってきた日。

告るって…ほんとにいいものですね。

 

 

えぇ、告ってきたんですよ

年も年ですし

親も歳ですし

あなたしかいないですし

らーらー

りりりー

るるるー

れーれれー

 

なんて言ってたら

我が過疎県で大黒摩季のコンサート開催!!の一報を聞く、という。

 

16日までに告っとかないと

還ってこないの…還付金!

あなたしかいないの!還付金!!!

 

というわけで、確定申告にいってきた。

ここ数年前から確定申告をしているのだけれど

ほんっと締切日ギリッギリに行ってるわけです。

なんだったら放課後電磁波クラブ並みにギリギリ。

ポロリあるんちゃうん?とお茶の間をハラハラドキドキさせる位にギリギリで

タイトなジーンズにねじ込む勢いで

ねじり込んでた、税務署に。

なだれ込むっつっても過言ではないよね。

 

でも、今年の私は一味…いちみじゃないわよ

ひとあじよ、

ひと味ちがった女になったの。

申告、してきちゃった☆ミャハ

期限の一週間前!すごい!!

おとなーおとなー音無響子ー。

そらめぞんも一刻するわい、と。

 

我が過疎市じゅうの

確定申告者たちが続々とやってきて

源泉徴収票や生命保険の明細や相続の書類が雨あられと飛び交う戦場…税務署に

単身乗り込む私。

…こんなに申告者多いの?って位に人がいる。

順番表もらって待つけど40分待ちの札が出ており

『ま、ゆっくりするかな』

なんて思ってたけども、あれ?そういえば私

e-Tax打ち込んだよな、去年と思い出す。 

 →受付に行って「ひとりでできるもん!」っていう意味の事を伝える(セルフ申告は待ち時間0分だった)

→セルフ申告の札もらう

→それと同時にセルフ申告の待ち時間の表示が20分となる

…ま、あることあること。

 

しょうみ5分位で呼ばれて、いざパソコンの前に…

久しぶりにパソコンと対峙。

おぉ、なんとなくだけど、スムーズに打ち込めたぜ!

 

てかなんで、保険に新とか旧とかあるんだろう。

 

とりあえずなんとか、さらりと打ち込んでデータ印刷してもらって証明書とかホッチキスでまとめてもらって

提出完了なわだが、ほんと税務署の人ら、大変だなぁって思います。

年に一度の申告祭りなんだろうなぁって。

わけわかってそうでみんなわかってないから

税務署にきて申告するんだろうから

もうてんやわんやなんだろうな、と勝手に想像してしまう。

おつかれさまです。

 

 

最後に今日の締めの言葉です…

ギリギリあかん

(放課後電磁波クラブ談)